国産車と外国車の違い

こんにちわ、kikoriです。

おかげさまで第二回書かせてもらってます(・_・)

今回は国産車と海外の車についての価値観の違いなどについて

書いていきたいなと思います。

kikoriが免許をとって運転に慣れたころ

最初に興味をもったのがアメ車でした。

周囲からは燃費が悪い、すぐ故障するなど言われた記憶があります

個人的にはそのような極論が結論になるのは納得のいかない性格なので

物事には必ず一丁両端ある前提でお話し書かせてもらいます。

 

 

 

設計思想

車を開発するにあたり、すべての原点となるのが

設計思想である

各ブランド、どのようなテーマを持って

どんな車を造りたいのか

あと開発から世の中に出回るまでの期間も

日本と海外でも価値観にも差が出てると思います

日本だと開発に期間をかけテスト走行なども綿密に行い

できるだけ、リコール率など故障率など下げた状態まで突き詰める

傾向があります。

故に日本車が信頼されてる理由の一つかもしれません。

 

一方、海外の車は

ある程度、煮詰まれば世に出して

トラブルがあればその都度対応しましょうというのが主流です

モデルイヤー制を採用してるところなどは特定の年代の車の

ある部分がトラブル起きやすいなどあったりします

良いところは、開発から発売までの期間のサイクルが短めなので

世のニーズやは流行などを狙った車が作りやすいことです

近年の日本もそういうスタイルになりつつあると聞いてます。

 

お国柄で変わる車事情

車というのは

その国の精神性、風土など

さまざまな背景が滲み出るのが伝わってくるものなのです。

同じ排気量の国産車と外車を

日本で同じ条件で走らせても

燃費の差が開いたり

燃費が悪いと言われる背景いの一つに

燃費が比較的良くなる、平均速度って

国によって変わるからだと思います

 

例えば

アメ車は

今でもOHVエンジンを採用してたり

広大な土地を長距離を移動する前提なので

メンテのしやすさ、長時間高回転で回さず

快適に走れるものを求めた故だと思います

トラック系にはヒッチメンバーが標準装備だったり

牽引する文化も相まっての大排気量、耐久性、快適さ

そういう背景もあるので、日本のような短距離のストップ&ゴーが

多い地域では本来のパフォーマンスを発揮するのは難しいのではないかと

思います。

 

欧州車などは、アウトバーンなど

速度制限から解放された道路もあったりするので

そこに対応できる

安定性

安全性

走行能力をもとめた発展のしかたが

顕著に感じられます

スピードメーターも国産車と桁違い

妙にタイヤが太かったり

最新技術をいち早く導入したり、高級志向

拘りと合理性が滲みでるなと思います

ただ電気系のトラブルもちらほら目立つ傾向にもあります。

 

部品系に関しても

国産車は比較的長く使えたりするものが多かったりもしますが

外国車は部品の寿命は基本短いと言われたりします

そもそも

国産車のように、壊れてから交換なのか

部品そのものが消耗品という前提での定期交換も

検討したうえでお付き合いするのか

 

お国柄と道路事情で車に対する

概念が違うという

理解は必要なのかと思います。

 

中古車を買う時の考え方

中古車で買うときは

保存状態や走行距離などで

価値の付き方もピンからキリなので

気にするのは

部品関連かなと思います

年数経過による劣化もあったりしますが

走行距離を目安に疑ってかかると良いと思います。

欲しい車と年式が決まってる場合は

今の世の中情報はアナログからもデジタルからも

入手できるので

まずどこが壊れやすいのか調べておくと

良いですね

そのうえで購入先と交渉して

納車前に交換してもらうと

気持ちてきにも安心ですね

整備工場も

外国車なら専門のところなども

下調べはするに越したことないと思います。

 

まとめ

車を知るということは

その国の文化や風土を知るということ。

頑丈=故障しないは違うこと

なんでもかんでも自国の考えか方が

当たり前ではなく、違いを理解することの大切さや

付き合い方を知れば、物事は楽になる

そう考えると

車って

とてもロマンを感じますね