芸能

パワハラで告発ジャガー横田さん夫・木下博勝氏の気弱なキャラは演技だった? 

ジャガー横田さん(58)の夫で

医師でありタレントの木下博勝氏(51)が

自身が8月末まで勤務していた

病院スタッフに対して壮絶な

パワハラ行為を行ったとして

病院スタッフが木下氏に対して

パワハラ被害の訴訟準備を進めているという

事件が起こりました

今回は木下博勝氏が

訴訟問題と普段から囁かれている

パワハラ疑惑について書いていきたいと

思います。

ジャガー横田さん夫・木下博勝氏の気弱な夫キャラとは?

【プロフィール】

大学教授、医学博士でありながら、

読売テレビ「情報ライブミヤネ屋」

毎日放送「サタデープラス」などの

情報番組や「Qさま!!」などのバラエティ番組にも

多数出演。

文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」内の

「おはよう大発見」のコーナーでは火曜日レギュラーを務める。

妻はタレント兼女子プロレスラーのジャガー横田。

出典:ザテレビジョン

2004年にジャガー横田さんとの

電撃結婚報道以降

夫婦でバラエティー番組に出演する際は

ジャガー横田さんからの

強烈なイジリに耐える

気弱な良い夫という人柄が

世間の認識でした。

ジャガー横田さんが夫の木下博勝氏に

絞め技をかけたり威圧する

ヒールキャラが定番ですね。

実際はおしどり夫婦としても

有名だったりもします。

パワハラで告発ジャガー横田さん夫・木下博勝氏

気弱な夫、木下博勝氏には

メディアで見るキャラクターから

想像できない、黒い噂もちらほらと

あったみたいですが

今回、ついに訴訟問題へ

発展する出来事が起きました。

2017年4月から2019年8月31日まで

働いていた「医療法人社団 颯心会」で

Aさんは木下氏に対して慰謝料300万円の損害賠償請求

「木下先生と仕事をした約2年間、

毎日のように高圧的に怒鳴られ続け、

時には暴力を振るわれたこともありました。

ビクビクしながら過ごし

、心が休まることはありませんでした。

この2年間で

『木下先生とは仕事をしたくない』

と言ってドクター2人、ナース3人、

事務員2人が辞めています。

今、木下先生の度重なる

パワハラに対して、

訴訟の準備を進めています。

弁護士さんに相談して、

12月16日付で内容証明郵便も送りました。

この2年間、僕がどういう気持ちだったか、

どれだけ我慢したかを本人に伝えたくて。

慰謝料300万円の損害賠償請求と、

それに応じない場合には

法的措置も辞さないということも

通告しています」

出典:live door news

毎日高圧的に怒鳴られるのは

萎縮して何をしても怒鳴られそうで

恐怖にかられますね・・・・。

その他にも同病院内で

車のドアの開閉音に激高して恫喝するなど

理不尽な内容で怒鳴られたなどの

録音音声ななどもあるみたいですね。

木下博勝氏のパワハラにより

病院スタッフ7名の退職や

2019年には自殺未遂に

追い込まれたスタッフもいるとの

情報もあるので詳しく調べが入ると

色々と出てきそうですね。

実名、顔だしで

テレビ局の取材いにも応じてますね。

徹底抗戦の姿勢でいる

意志表示でもあるのかなとおもいました。

パワハラで告発ジャガー横田さん夫・木下博勝氏の気弱なキャラは演技だった?

ご近所の評判も・・・・

ここ一年でジャガー横田さんが急に

老け込んだなど

ジャガー横田さんがやつているなどの

イメージとは真逆な事になってたり

するみたいですね。

 

パワハラで告発ジャガー横田さん夫・木下博勝氏の気弱なキャラは演技だった?ネット上の意見

 

 

 

ネット上でも

日頃の

木下博勝氏の態度についての

意見がでていますね。

パワハラで告発ジャガー横田さん夫・木下博勝氏の気弱なキャラは演技だった?まとめ

今回の

木下博勝氏に対する

病院スタッフの訴訟問題から

日頃の態度に関しても

数々の意見、情報があがっています。

ご本人は反論しておりますが。

パワハラなどと

火のないところからは煙は

上がらないと筆者は思っております。

人としごとをする上で

コミュニケーションも受け取り側にも

気を使える公人としての

振る舞いは大切ですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。